柴犬といえば代表的な日本犬。そのりりしい顔や体系から愛される理由がわかります。Yahoo!ブックマークに登録

柴犬(しばいぬ、しばけん)は、日本古来の犬種。オスは体高 38-41cm、メスは 35-38cm 程度の小型犬種。

私の飼っている柴犬は、オスの成犬で11kg(標準)です。

国の天然記念物に指定された7つの日本犬種(現存は6犬種)の1つで、指定は1936年(昭和11年)12月16日。

現存6犬種中唯一の小型犬種だが、飼育頭数は最も多く、日本犬の代表格とも言える。

日本犬保存会によれば、現在日本で飼育されている日本犬種(6犬種)のうち、柴犬は約80%を占める。アメリカ合衆国をはじめ海外でも人気が高い。

特性

温暖湿潤気候に強い。一般に主人に対しては非常に忠実、よそ者に対しては馴れ馴れしくせず、賢く勇敢で警戒心も強いため番犬にも適する。本来は山地や山あいで小動物の狩猟を手伝ってきた犬だが、現在は主に家庭犬として愛されている。

個体差があるのでしょうが、周りの飼い主さんどなたも、口を揃えて言うことは、無駄吠えしない、ということです。

全く黙ったままで、吠えることをしらないのでは?っと心配したほどです。

柴犬の一般的な特徴は、短毛・立ち耳・巻き尾などにある。毛色は赤(茶)・胡麻・黒、希に白などがあり、尾形も左巻き・右巻き・さし尾など、個体によって違う。

被毛は真っ直ぐで硬いトップコートと柔らかく縮れたアンダーコートによる二重被毛であり、年二回毛が生え替わる。一般に雌より雄の方が体高・体長ともにやや大きい。

毛の生え変わりの時期には、フェルト生地のように細かな毛が浮いてきて、ごっそり抜けます。

手でちょっとつまんだだけで、塊が抜けるので、面白いです。

あまりしつこくやりすぎると、嫌がります。(調子に乗って毛を引っ張るから痛いのだと思います)

性格は、血統で共通した特徴が少ないとよく言われる。大きくなってどんな犬になるか、子犬の時の育てられ方に大きく左右される。番犬向きの警戒心が強い犬から、ペット向きで見知らぬ人にも友好的な犬までと幅広い。

机の上の食べ物を狙っている柴犬くん
(机の上の食べ物を狙っている柴犬くん。穏やかな顔をしています。)

ただし、日本犬の一般的な性格として、主人と認めた人間に比較的忠実であり、かつ警戒心と攻撃性が強めという傾向がある。獲物を直接追う猟犬として使われてきた長い歴史から、役割分担に従って多くの品種を派生させた欧州のガンドッグなどと比べ、視界を動くものを追って攻撃し、また捕らえようとする捕食本能が極めて強い

知らない人を見ると、威嚇し、吠えます。

「だめ!」と制止すると、ピタっと止まりますが。

このあたりは、しつけ方次第なのではないでしょうか…。

どちらを選ぶべきか?子犬の性格はおとなしい方?それとも、気が強い子犬?

体高 37~40センチメートル

名前の由来

「柴犬」という名前は中央高地で使われていたもので、文献上では、昭和初期の日本犬保存会の会誌「日本犬」で用いられている。

一般的には、「柴」は「柴刈り」などの「柴」であり、小ぶりな雑木を指す。由来には諸説があり、柴藪を巧みに潜(くぐ)り抜けて猟を助けることから、赤褐色の毛色が枯れ柴に似ている(柴赤)ことから、小さなものを表す古語の「柴」から、の3説が代表的で、ほかに、信州の柴村を起源とする説もある。

出典: wikipedia

Comments are closed.